新刊本『好きな場所へ自由に行きたい』入荷

info | news
DATEOct 23. 20


ファッションディレクター岡本敬子さんの著書『好きな場所へ自由に行きたい』が発売開始!当店にも入荷しました。なかなか自由に移動できない今だからこそ、〜心は自由、どこへでも。〜という表紙の言葉が心にしみます。旅を愛する全ての人のための1冊なのだそう。後日オンラインショップもご利用頂けるよう準備中です。店頭にはすでに並んでおりますので、ご覧になりにいらしてください。

新入荷のご案内。

info |
DATEOct 11. 20

秋が深まり、心もすっかりアート寄りにならざるをえません。
そこで、フリーでハンドでカルトな作品をいくつかおすすめします。
今回ご紹介するのは、フランスのJacques Blin(ジャック・ブラン)が手がけたグラフィカルなセラミックとスウェーデンのErik Hoglund(エリック・ホグラン)のガラスのオーナメント。
どれもextra-special somethingなものです、ぜひご覧ください。
Online Shop>>

アイテム更新

info | new item
DATESep 26. 20

フィンランド・グラスデザインの黄金期と呼ばれる一時代をカイ・フランクと共に築いた人物 サラ・ホペアのグラスウェア類を、北欧のデザイナーたちと共通した美的センスを感じ取ることができるヴィルヘルム・ワーゲンフェルドのアイテムなどと合わせて紹介しました。他にも再入荷したランプ(リサ・ヨハンソン・パッペのヴィンテージ!)と椅子たちをラインナップ、ぜひご覧ください。
online shop >>

営業時間のお知らせ

info | news
DATESep 12. 20

9/13(日)は14時からのオープンとなります。ご迷惑をお掛けしますがご来店の際にはどうぞお気をつけくださいませ。

French pottery

info | new item
DATESep 9. 20

今回はおもにフランスからのミッドセンチュリー期ポタリーを紹介します、初のご紹介となるRoger Collet(ロジェ・コレ)、最近本国フランスでも再評価の高まっているジャック・ブラン、ギュスタヴ・レノーなど。CERAMIC/France >>
これらの作品は、まるで陶面をキャンバスに見立て、自由でアヴァンな世界を表しています。また、丁寧に修復されたリュエラン作品、カール・オーボックのウッドボウル、コルビュジェやペリアンがお気に入りだった灰皿などなど。ぜひご覧ください。Online Shop>>

Plastics & tote bag

info | new item news
DATEAug 29. 20

グラフィカルでポップ。そんな合成樹脂のアイテムも魅力的だなと思うのです。
“ちょっと息抜き”的なラインナップをアイテム更新しました。さらりとどうぞ 更新ラインナップ>>

※営業時間のお知らせ※
9/6(日)は14時からのオープンになります。ご注意ください

臨時休業のお知らせ

info | news
DATEAug 25. 20

週末8/30(日)は都合により臨時休業させていただきます。その次の店営業は9/3(木)14時から。ご来店の際にはどうぞお気をつけくださいませ。
オンラインショップやメールお問い合わせには8/31以降できる限り早めの対応をさせていただきます。お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいませ。

アイテム更新

info | new item
DATEAug 19. 20

20世紀半ばに隆盛し世界の人々を魅了した北欧デザインは、デザイナーと職人の協働があったからこそ、生まれたものが数多くあると思います。それらを象徴するような、ガラス作品とセラミック作品を中心に、今回はアイテムを紹介しました。お馴染みのカイ・フランクエリック・ホグランの作品類に加えてアイノ・アアルトの稀少なグラスウェアも。カール・ハリー・スタルハネ作品もまとめてご覧頂けます。とっておきなものばかり、ぜひご覧ください。Online Shop>>

Accessory of Melanie Decourcey

info | new item
DATEAug 16. 20

サマーシーズンにぴったりな、グラスビーズを繋いだ軽やかなネックレスと、クールなアクセサリー類を新しく紹介しました。
アーティスト、メラニー・ディコーセイのエッセンスをどうぞ。Melanie Decourcey >>

Info | Category