アイテム入荷 “Monica Castiglioni”,”Lesca LUNETIER”

info | new item
DATENov 29. 20

身にまとって楽しむアイテムです。
モニカ・カスティリオーニのリング類と、フランス”Lesca”の眼鏡フレームが入荷しました。どちらも久しぶりの入荷!楽しみにお待ちいただいている方々、お待たせいたしました。
再入荷アイテムはそれぞれのページからご覧ください。
Monica Castiglioni>>
Lesca LUNETIER>>
モニカ・カスティリオーニの新入荷アイテムは、後日オンラインショップにも随時紹介していきますので、お楽しみに。
店頭にはすでに並んでおります、お近くの方はぜひお出かけ下さい。

Erik Höglund “Blå bubblor”

info | new item
DATENov 22. 20

20世紀半ばのスウェーデンで、グラスウェア・デザイン界の異端児として活躍したエリック・ホグランが、1956年に発表した “Blå bubblor (青い泡)”シリーズがずらりと入荷しました。これまでご覧いただいてきた、彼の色鮮やかなグラスオブジェ達とはひと味ちがった佇まいのベース類です。Online Shop>>

Restock and more

info | new item
DATENov 12. 20

サイ・トゥオンブリーやフィリップ・ワイズベッカー、ナイジェル・ピークのポスターが再入荷しました。Poster>>

イラストレーター 薙野たかひろさんのPAPER CALENDER 2021 が今年も入荷。
NAGINO TAKAHIRO/PAPER CALENDER 2021 >>

岡本敬子さんの新刊本『好きな場所へ自由に行きたい』もオンラインショップからご購入いただけるようになりました。こちらから>>

Various Jewelries from SOURCE objects

info | new item
DATENov 8. 20

独自の世界観で国内外からのジュエリーやプロダクトを紹介しているSOURCE objectsから一部のアイテムが届きました。
Kathleen Whitaker(キャスリーン・ウィテカー)Melissa Joy Manning(メリッサ・ジョイ・マニング)Margaret Solow(マーガレット・ソロウ)、鮮やかな色のレザーアイテムはAlice Park(アリス・パーク)といったラインナップです。
いずれも店頭で実際に手にとり、身に付けてお試しいただきたいものばかり。オンラインショップでラインナップしましたので、まずはご覧ください。
Online Shop >>

「from my closet」  organ 店主 武末充敏のワードローブ-

info | news
DATENov 3. 20


惜しくも閉店した福岡一のヨーロッパ古着屋<monogrim>。その後ポップアップ・ショップとしてスタートした場所で、ぼくの愛用した古着を販売させてもらうことになりました。ミッドセンチュリー期のused wearは、モダン・デザインにも通じる世界。「古着選びはすべてのもの選びに通じる」というわけで、monogrimの店主だった田中さんとトークもやります。ぜひ覗いてみてください。
11月11日(水)~16日(月) 11:00-19:00
会場: terrain vague
福岡市中央区警固1ー12ー5 東警固ビル1階

■トークイベント
『古着を巡る冒険』
11月11日(水)開場:19:00~ 開演19:30~
出演:武末充敏(聞き手:田中章宏 terrain vague)
参加費無料 10名限定 要予約
予約方法:メールでのお申し込みに限ります。
11月8日(日)AM10:00~受付開始
terrainvague.fuk@gmail.com
参加者氏名、電話番号を明記の上
1通のメールにつき、2名様迄応募可
先着順とします。メールの返信をもって予約完了とさせていただきます。
※感染症対策として、2箇所以上の換気、余裕を持っての席の確保をいたします。
入り口で手指の消毒、マスクの着用をお願いします。

新刊本『好きな場所へ自由に行きたい』入荷

info | news
DATEOct 23. 20


ファッションディレクター岡本敬子さんの著書『好きな場所へ自由に行きたい』が発売開始!当店にも入荷しました。なかなか自由に移動できない今だからこそ、〜心は自由、どこへでも。〜という表紙の言葉が心にしみます。旅を愛する全ての人のための1冊なのだそう。オンラインショップもご利用頂けます こちら>>。店頭にはすでに並んでおりますので、ご覧になりにいらしてください。

新入荷のご案内。

info |
DATEOct 11. 20

秋が深まり、心もすっかりアート寄りにならざるをえません。
そこで、フリーでハンドでカルトな作品をいくつかおすすめします。
今回ご紹介するのは、フランスのJacques Blin(ジャック・ブラン)が手がけたグラフィカルなセラミックとスウェーデンのErik Hoglund(エリック・ホグラン)のガラスのオーナメント。
どれもextra-special somethingなものです、ぜひご覧ください。
Online Shop>>

Info | Category