Scandinavian Ceramics

July 23rd, 2017

Dsc04349今回紹介するアイテムは、スウェーデンからはバーント・フリーベリの作品類、めずらしい晩年の作品もあります。フィンランドのアラビア社からは、希少な各種プロダクトと、アートデパートメント(芸術部門)で制作された作家性溢れるうつわたちを紹介しました。どの作品も、あらためて見るとハイ・クオリティ。北欧の器たちの世界をご堪能ください。更新ラインナップ >>

アイテム更新

July 16th, 2017

Dsc03906北欧からの入荷アイテム更新、第2弾は、グラフィカルでクールなフィンランドのポスター類と、グスタフスベリの愛らしいテーブルウェア、花器などです。新入荷ラインナップをご覧ください こちら>>

入荷アイテム更新

July 14th, 2017

714.001sabieの彫刻的オブジェ”りんご”が各種そろって入荷しました。フィンランド買付のアイテムもあわせて、まずはカイ・フランクのタンブラー#2744 の入荷ラインナップをずらり。昨年あたりから見つかりにくくなっている小さなサイズのタンブラーも若干見つかりました。ARABIAのポスターも再入荷。更新アイテムはこちらから >>

Lucie Rie and more…

July 9th, 2017

Dsc03863-2

ルーシー・リーのマンガン釉のカップ&ソーサーが久しぶりに入荷しました。控えめな掻き落としやその全体のバランスには、上品さに加え初々しい可愛らしさのようなものを感じます。この度はその他にもバーント・フリーべリ、スティグ・リンドベリ、リサ・ラーソンの作品をご紹介しています。
ぜひこちらよりご覧ください。

臨時休業のお知らせ

July 6th, 2017

Fullsizerender
7月12日(水)はお休みさせていただきます。
ご不便をおかけしますが何卒ご了承下さいませ。

アイテム更新 “From Uzbekistan”

June 15th, 2017

Main.001-12中央アジア、ウズベキスタンに数多く残るタイル装飾の美しいイスラム建築には目を見張るものがあります。14世紀から15世紀をピークに建てられたそれらの建築物は、崩壊と修復を繰り返されながら、今も美しい街並みを残し、訪れる人を圧倒します。そんな、シルクロードのオアシス都市=交易の場に生きる、たくましい人々が作り出した、刺繍テキスタイル”スザニ”や陶器、金属工芸、装飾タイルなどのクラフト・アイテムを持ち帰りました。
ラインナップはこちらから >>

From Europe

June 3rd, 2017

Dsc02258-11910年にパリで生まれたセラミスト、ジョルジュ・ジューヴ。彼の作品が久しぶりに入荷しました、鉛色に光る黒い釉薬が際立つ器です。
同じくフランスのセラミスト、リュエラン夫妻の器類も、あわせて紹介しました。今回入荷した器たちは、特に釉薬表情を堪能して頂けるものばかり、ぜひあわせてご覧下さい。マシュー・マテゴのトレイや、カール・オーボックのオープナーなど、人気のヴィンテージアイテムも入荷。
更新ラインナップはこちらから、どうぞ。
NEW ITEMS>>

sabieのリンゴとMonica Castiglioni

June 2nd, 2017

Img 8570人気だったsabieの陶器オーナメント、リンゴが再入荷しました。すべて手で作っているため少量の入荷ですので、お早めに。モニカ・カスティリオーニのリングも新入荷/再入荷アイテムを更新しています。スカルプチュアルなアイテムたちをご覧下さい。アイテム更新 >>

チェンマイもの

May 27th, 2017

Img 3471チェンマイで出会った古陶磁器です。もっと欲しかったけれど、そうそう気に入るものは見つからないもの。北欧の陶器などにも通じる、時代を超えたたたずまいに惹かれて選びました。焼き物の世界は面白く、直感的です。つくり手のスタイルは、無限ですね。
他にも綿布や漆器類といった工芸品も買付けました。ご覧下さい。
更新アイテム”チェンマイもの” >>

Scandinavian

May 20th, 2017

Dsc02455スウェーデンを中心に、北欧のヴィンテージ・セラミックやグラスウェアを更新しました。
スティグ・リンドベリが1950年代から1970年代頃にデザインを手がけた希少なストーンウェアのスタジオピース類や、リサ・ラーソンのネコ。エリック・ホグランと、ティモ・サルパネヴァのグラスウェアたちです。ご覧下さい。
更新アイテム >>