2019年もよろしくお願いします

January 5th, 2019

A新年あけましておめでとうございます。organは4日から営業をスタートしています、北欧のセラミック類やポスターなど、店内は少しずつ商品入荷していますのでお近くの方はぜひご来店ください。
 本年最初のWEB更新は、sabieの陶器類です。陶胎漆器の他にも12月の個展テーマ「ピンク色」を掲げた花器やオブジェを紹介しました。ご覧ください。sabie >>

年末年始の予定です。

December 20th, 2018

Img 862012/30()から1/3()までお休みさせていただきます。
年内最後は12/22()から『あったか古着、セール』をやっています。
オーセンティックでスロウなものがあります。さりげなく店の一角でやってますので、さりげなくお越しください。

アイテム更新

December 15th, 2018

Dsc02653-1フィンランドのガラスアイテムを中心に更新しました。アルヴァ・アアルト、グンネル・ニューマン、タピオ・ヴィルカラ、オイヴァ・トイッカ、ナニー・スティール、フレイドル・チェルベリーら巨匠と呼ばれる彼らの希少なヴィンテージをご紹介しています。
New ITEM>>

アイテム更新”Erik Hoglung” と、配送遅延 見込みのお知らせ

December 8th, 2018

Img 0528スウェーデンのBODA社、ヴィンテージ。エリック・ホグランがデザインしたグラスウェア類がまとめて入荷、更新しました。Erik Hoglund >>
News幅490-30
※年末の荷物量増量にともなう配送遅延について
年末から年始にかけて、全国的な荷物量の増加や交通事情により、商品のお届けが遅延する可能性がございます。配送のご希望日などがある場合は、日程に余裕をお持ちいただきますよう、何とぞよろしくお願いいたします。

入荷アイテム更新

November 30th, 2018

Main-14カイ・フランクが1950年代初頭に手がけた “Pressed ~”シリーズとCone-Shaped~シリーズ。型で製作されたプロダクトだからとあなどるなかれ、色合いやちょっとスキのある仕上がりをしたグラスウェアたちは、おもわず愛でたくなるたたずまい。
新入荷したそれらと、今週再入荷したモニカ・カスティリオーニのリングのラインナップを、こちらからご覧ください >>

アイテム更新”Wood”

November 17th, 2018

News Vitaliスイスの彫刻家アントニオ・ヴィターリの木の玩具が入荷しました。”子供にとって玩具というのは「おもちゃ」ではなくて「友だち」でなければならない”とは彼の言葉です。その思いを最後まで持ち続けた彼の、初期の作品を中心に紹介しています。また、アンティ・ヌルメスニエミの木の積層が美しいサウナスツールも併せて紹介しています。どれも今では入手困難なものばかり。この機会にぜひご覧ください。

更新アイテム Wood>>

アイテム更新

November 4th, 2018

Korean News今週は、全羅南道から持ち帰った素朴でおおらかな庶民の生活用品をいくつか紹介します。ご覧ください。更新アイテム >>

sabieの やる気・展

October 31st, 2018

Sabie Main2018年11月23日(金) ー 12月2日(日) organにて

アダムとイヴではないけれど、リンゴが縁で知ったsabieの陶器。
西洋meets東洋みたいなデザインが禁断の味でした。そうしたら「陶胎漆器」なんていう古代っぽいものも作っていたから驚いた。クラフト+モダンでおまけに、大陸的。そんな焼き物はアリかナシか。もちろん、アリだろう。というわけで、しばらくぶりに二人の新作を見てみたい。ピンクのリンゴも登場!楽しみ楽しみ。
News幅490-28
期間中の初日夕方〜と土曜・日曜は、作家の花田夫妻も展示会場で皆さまのお相手を致します。
News幅490-29
11月23日(金)18時より、ささやかなオープニングパーティーを行います。うーぱんベーカリー特製リンゴのパンなんかもご用意してお待ちしておりますので、どなたもお気軽にお立ち寄りください。

葡萄畑のLIVE映像+トーク in TAG STÅ

October 27th, 2018

11-3
News幅490-25
・・・表舞台に立たなかったのに、45年経った。
1973年から6年間、日本語のロック誕生に立ち会った「葡萄畑」。デビュー・アルバムでアメリカーナへの憧憬を描き、続く2ndアルバムではイギリス的モダン・ポップへと突然変異、マニアックなファンをうならせたものです。そんな彼らの2002年渋谷クアトロでの再結成ライヴと、2018年 結成45周年を記念したCDボックス『RETROSPECTIVE』発売記念ライヴからの希少な映像を、初公開。はっぴいえんどやムーンライダースと違わないようで明らかに違った文学叙情シアトリカル・パンクなライヴ・パフォーマンスがお楽しみいただけます。メンバー青木和義と武末充敏の”激動の70年代”トークもあり。お望みとあれば、実演も。期待ね。
News幅490-26
2018年1120日(火)
20:00〜22:00 (19:30開場)
会場:TAG STÅ 福岡市中央区 春吉1丁目7-11 Tel : 092-724-7711
チケット1500 +1drink 500円のオーダーをお願い致します。
※椅子定員30
予約、問い合わせはorganまで  tel.092-512-5967 info@organ-online.com
News幅490-27
青木和義 あおきかずよし
葡萄畑のソングライター兼マンドリニスト&ボーカル。バンド解散後はパール兄弟、S-KEN、スピッツ、グライダーなど多数をプロデュース。2006年には弦楽四重奏楽団 Banda Planetarioを結成しつつ、絶滅危惧種バンド葡萄畑のライヴも老獪に継続中。
News幅490:狭-17
武末充敏 たけすえみつとし
葡萄畑の発起人兼ドラマー&ボーカル。2ndアルバム発表後福岡に帰郷、タワーレコード勤務。86年、ユニットFlat Faceとしてアルバム発表。FM番組のパーソナリティなどを経て、モダン古道具屋”organ”の店主として買い付け旅を続行中。

from Scandinavia

October 21st, 2018

Dsc02180スカンディナヴィアのクラフト感漂うアイテムを更新しました。フィンランドのアアリッカ社のヴィンテージや、グンネル・ニューマンの小さな泡が閉じ込められた“Pore”のタンブラー、エリック・ホグランのプリミティブなガラス類など、どこかぬくもりを感じるデザインをご紹介しています。是非こちらよりご覧ください。 NEW ITEMS>>